さいたま市野球連盟連合会大宮野球連盟規約

 

第1章     名称及び事務所

第1条            本連盟は、さいたま市野球連盟連合会大宮野球連盟(以下、「本連盟」という。)と称する。

第2条            本連盟の事務局は、さいたま市内に置く。

 

第2章     目的及び事業

第3条            本連盟は、アマチュアスポーツとして正しい野球を市民全般に普及し、健全な発展をはかる とともに会員相互の親睦と心身の鍛錬を目的とする。

(1) 本連盟は、さいたま市体育協会に加入するものとする。

(2) 春季、秋季軟式野球大会の開催。

(3) さいたま市、埼玉県軟式及び硬式野球大会参加。

(4) 野球の宣伝、啓発並びに指導奨励。

(5) 講習会その他本連盟の目的達成に必要な事項。

 

第3章     会員及び資格

第4条            本連盟の会員は、正会員と賛助会員とする。

第5条            本連盟の正会員は、統制に服するとともに、次の条件を具備しなければならない。

(1) 正会員は、さいたま市に所在する会社、商店または官公庁等で同一職場に勤務するものによって編成するものとする。

(2) 市内に居住または勤務するものによって編成するものとする。

(3) 前項による資格については、一般社会人によって編成し、学生につ

  いては専修学校生、各種学校生及び大学生、高校生は同一学校または個人で一般チームに登録することができる。

     しかし、学校単位で編成する場合は、学校名は使用せずクラブ名とする。学生生徒は、本連盟以外の組織及び他の連盟に、また一般社会人は、他の連盟に登録することはできない。

2 本連盟登録チームは、監督及び主将を含めて15名以上で編成しなければならない。

3 賛助会員は、本連盟の目的及び事業に賛同する者とし、賛助会員には賛助会徽章を贈り本連盟、さいたま市及び県連盟の行う事業に優待される。

 

4章  加盟及び脱退

第6条            正会員となるチームは、県連盟の定める登録資格申込書に登録費を添えて本連盟に提出する。本連盟はその資格を審査し、これを受理する。

  2 賛助会員として加盟する者は、本連盟の定める申込書に会費を添えて本連盟に提出する。

第7条            前条の申込を受理した本連盟は直ちに会員名簿に登録手続きをするとともに、県連盟の手 続きを行う。登録手続きの完了とともに、申込書は本連盟の資格を取得する。

第8条            会員は登録事項に異動が生じたときは、本連盟にその旨届け出なければならない。

第9条            会員の登録は毎年更新し、更新手続き完了とともにその年度の会員資格を得たものとす   る。

第10条        会員は前条の定める外、次の事項の一つに該当するときは、その資格を失う。

   (1) 第5条に定める条件を具備しなく、本連盟が不適格と認めたとき。

   (2) 自ら脱退の意思を表明したとき。

   (3) 除名の措置がとられたとき。

 

5章  役 員

第11条        本連盟に次の役員を置く。

    名誉会長  顧問  参与  会 長  1名   副会長  若干名  

    理事長  1名   副理事長 若干名

    理 事 若干名 (会長指名理事 若干名、チーム選出理事 若干名)

    審判部長 1名   審判部副部長 若干名  審判部運営委員 若干名

    会計監査 2

    事務局(事務局長1名、総務部若干名、運営部若干名)

第12条        会長及び副会長は、総会で選出する。

2 会長は、本連盟を代表して会務を統括する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故等があるときは、その職務を代行する。

第13条        理事長は、理事の互選によって決定し、会務の執行にあたる。

第14条        副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故等があるときは、その職務を代行する。

第15条        理事は、次の方法で選出または委嘱された者とする。

(1) 加盟団体から選出された者で、1団体1名とする。

(2)  学識経験者のなかから会長が委嘱する者。

  2 加盟団体選出理事から互選される理事は、加盟団体の1/3の数を超えない。

第16条        会計監査は、会長指名理事から1名、チーム選出理事から1名をそれぞれ理事会で選出する。

  2 会計監査は、会計を監査する。

第17条        本連盟に名誉会長、顧問、参与を置くことができる。

  2 顧問、参与は、本連盟の役員に永年在任し、退任した者を理事会の承認を得て委嘱する。

第18条        審判部長は、大会運営の全てを統括し執行する。

第19条        審判部長、審判部副部長及び審判部運営委員は、審判部会で選出し、理事会の承認を得る。

第20条        事務局長は、会長が指名し、会務に従事する。

第21条        役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。また補欠による役員は前任者の残任期間とする。役員の任期が満了しても後任者が就任するまでその職務を代行し、加盟団体から選出された役員がその所属団体を離れたときは、自動的に本連盟を失格する。

 

6章  審 判

第22条        審判については、当連盟審判部公認審判員が行う。ただし審判部長が 大会運営に必要と認めた場合はそのチームの責任において1名登録するものとし、連盟が別に定める職務を遂行するものとする。若し登録又は職務を遂行しない場合は次の大会に限り出場停止するものとする。ただし都合により登録又は職務を遂行できない場合は、審判部長にその旨届け出るものとする。

 

第7章     試合放棄

第23条        登録チームはいかなる場合においても試合を放棄してはならない。

 

第8章     運営及び経費

第24条        本連盟の運営はAクラス・Bクラス・Cクラスによって運営する。

第25条        本連盟の経費は、会費・登録料・参加料・補助金・その他の収入をもってこれに充てる。

第26条        本連盟に次の帳簿を備えつけるものとする。

(1) 金銭出納簿・役員名簿・チーム登録簿

第27条        本連盟の会計年度は毎年11日に始まり1231日に終わる。

 

9章  会 議

第28条        総会は本連盟最高議決機関であり、会長、副会長、理事及び会員で組織し、次の事項を審議する。

   (1) 事業及び決算報告に関する件

   (2) 予算及び事業計画に関する件

   (3) 役員の改選に関する件

   (4) その他重要事項

第29条        理事会は、理事長及び理事で組織され、本規約で規定した事項及びその他重要な事項について審議する。

  2 理事会は、必要により理事長が招集し、その議長となる。

第30条        役員会は、会長、副会長及び理事で組織され、理事会から委任された事項を審議する。

2 役員会は、必要に応じて会長が召集し、その議長となる。

第31条        会議は定員の過半数で成立し、その議事は出席者の過半数で決定する。

 

10章 専門委員会

第32条        本連盟の事業を執行するために、専門委員会を置くことができる。

第33条        専門委員会の委員及び構成その他必要な事項は、理事会において別に定める。

 

11章 規 律

第34条        正会員チームは、本連盟以外に、またその構成員は、その他のチームに加入することはできない。

第35条        正会員チーム及びその構成員は、本連盟及びさいたま市、県連盟の主催、後援または公認の野球大会でなければ出場することはできない。

第36条        正会員チーム及びその構成員は、本規約並びに付則規程に違反することはできない。

第37条        正会員チーム及びその構成員が第36条に違反したときは、役員会において除名または大会への出場停止、その他の処分をすることができる。

 

12章  付 則

第38条        本規約の施行についての必要事項は理事会で別に定める。

第39条        本規約に定める他は、さいたま市野球連盟連合会大宮野球連盟登録要綱または大会実施要綱の定めによる。

第40条        本規約の変更は総会の承認を要するものとする。

 

  (付 則)

本規約は、昭和5111日より施行し従前の規約は廃止する。

本規約は、平成911日より施行する。

本規約は、平成1351日より施行する。

本規約は、平成1541日より施行する。

本規約は、平成2031日より施行する。

 

                大 会 規 律

大会に対して不正を行ったチームに対しては、次の措置を行う。

1 試合中に発見された場合は、相手方に勝利を与える。

2 試合終了後に発見された場合は、次の相手に勝利を与える。

3 決勝戦終了後に発見された場合は、準優勝者を優勝者とする。

 

 

 


ダウンロード
25 さいたま市野球連盟連合会大宮野球連盟規約.doc
Microsoft Word 42.0 KB